Apex LegendsおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説【エーペックスレジェンズ】

Apex LegendsおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説【エーペックスレジェンズ】

Apex Legendsを快適にプレイするために必要なおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

  • 60fps:PS4並の快適度。エンジョイ向け。
  • 144fps:ゲームに有利なぬるぬるとした映像。ガチ勢向け。

それぞれのフレームレートを出力できるPCスペックを導いたうえで、おすすめのゲーミングPCを紹介をしていきますので、自分に合うゲーミングPCがきっと見つかるはずです。

参考 初心者向けFPS用ゲーミングPCの選び方

しらぬ

ハイスペックなゲーミングPCを手に入れて、ライバルたちに差をつけよう!

Apex Legendsに必要なPCスペック

Apex Legends動作環境【公式】

Apex Legends公式サイトが発表しているPC動作環境は以下の通り。

必要動作環境推奨動作環境
CPUIntel Core i3-6300 3.8GHzIntel i5 3570Tおよび同等品
AMD FX-4350 4.2GHz
GPUGeForce GT 640GeForce GTX 970
Radeon HD 7730Radeon R9 290
メモリ6GB8GB
OSWindows 7 64ビット版

推奨グラフィックボード(GPU)に「GTX970」を提示しており、とても高性能なPCスペックが要求されていることが分かります。

最近発売されたゲームの中でも、相当重いゲームだと言っても良いでしょう。

なお、公式が発表している上記PCスペックは、あくまでApex Legendsをプレイするために推奨しているスペックであって、快適にプレイできるとは限りません。

むしろ、快適にはプレイできないと思っておいた方が良いかと思います。

グラボ別フレームレート比較

では、どのくらいの性能を持つグラフィックボードがあれば、Apex Legendsを快適にプレイできるのか?

海外サイト(Apex Legends тест GPU/CPU)のApex Legendsベンチマークを確認した結果、以下の通りでした。

※フルHD(1920×1080),高画質時における平均fps

グラフィックボード平均フレームレート
RTX2080Ti130fps
RTX2080116fps
RTX207091fps
RTX206075fps
GTX107074fps
GTX1060 6GB54fps
GTX1050Ti28fps

Apex Legendsを快適にプレイできるという定義をフレームレート値:60fpsとするならば、「GTX1070」以上のグラフィックボードが必要となります。

ゲーミングモニターで144fps出力を目指そうとした場合は、「RTX2080Ti」が必要となるベンチマーク結果でした。

低画質であれば高フレームレートを出力できる

一般的に、ゲーム内の画質を落とせば、高いフレームレート値を出力できます。

なので、Apex Legendsにおいても低画質でプレイするのであれば、高フレームレートが出力できるため、性能がワンランク低いグラフィックボードであっても快適にプレイできるというわけです。

実際にApex Legendsをプレイする国内外のプロゲーマーたちは、フレームレートを確保するために、ゲーム内設定を低画質にしてプレイしています。

では、低画質ではどのくらいのグラフィックボードが必要になるのか?

結論としては以下の通り。

  • 低画質60fps:GTX1050Ti以上
  • 低画質144fps:RTX2060以上

この結論に至った根拠は、以下のベンチマーク動画を見ていただければ分かります。

まずは、GTX1050Tiのベンチマーク動画。

低設定であれば、平均60fpsを上回っていることが確認できるかと思います。

中間設定の場合は平均50fpsしか出力できないので、快適とは言えませんが。

次に、RTX2060のベンチマーク動画です。

場所によっては激しくフレームレートが低下する場面もありますが、低設定であれば、平均144fpsを出力できています。

メモリは最低8GB、推奨16GB

海外サイト(Apex Legends тест GPU/CPU)より、Apex Legendsを起動しているときのメモリ使用量を以下にまとめました。

グラフィックボードメモリ使用量
RTX2080Ti7.42GB
RTX20807.44GB
RTX20707.30GB
RTX20607.45GB
GTX10706.41GB
GTX1060 6GB7.07GB
GTX1050Ti8.58GB

この数値から分かる通り、メモリは最低でも8GBが必要となってきます。

ゲームと同時に、調べ物などでブラウザを立ち上げるとなると、メモリ8GBだとキツいかもしれません。16GBあれば安心といったところ。

SSDは240GB以上ほしい

Apex Legendsをするしないにかかわらず、SSDは必ず搭載しておきましょう。

PC起動時間やゲームの立ち上げ・ロード時間に大きく関わってきます。

しらぬ

SSDの有無で感じるストレスは全然違ってくるよ

60fps・144fps出力するために必要なPCスペックまとめ

しらぬ

Apex Legendsに必要なPCスペックのまとめだよ!
Apex Legendsに必要なPCスペック

<グラフィックボード>

  • 低画質60fps:GTX1050Ti(後継機GTX1650)以上
  • 低画質144fps:RTX2060以上
  • 高画質144fps:RTX2080Ti

<メモリ>

  • 最低:8GB、推奨16GB

<SSD>

  • 240GBは欲しい

Apex LegendsおすすめゲーミングPC

【低画質60fps】ガレリアDH GTX1650搭載

GALLERIA DH

CPUCore i5-9400F
グラフィックボード GTX1650 4GB
メモリ8GB
ストレージHDD:1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
価格89,980円
最新価格をチェック

Apex Legendsを低画質・平均60fpsでプレイできる「ガレリアDH」。

低価格帯でありながらも、PS4並の快適さを誇る、コストパフォーマンスに長けたゲーミングPCと言えるでしょう。

他のFPSゲームもちゃんと遊べるようなスペックとなっています。

予算をなるべく抑えめでゲーミングPCを手に入れたい方におすすめです。

  GALLERIA DHの詳細を見てみる  

【低画質144fps】ガレリアXV

GALLERIA XV

CPUCore i7-8700
グラフィックボード RTX2060 6GB
メモリ8GB
ストレージSSD:500GB
HDD:2TB
(2019.5時点)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格149,980円
最新価格をチェック

Apex Legendsを低画質・平均144fpsでプレイできる「ガレリアXV」。

PC版でしか味わえないぬるぬるとした映像を楽しめるゲーミングPCです。

このマシンであれば、他のPCゲーマーたちにスペック差で負けることはなくなることでしょう。

Apex Legendsで勝ちたい。そして、強くなりたい方におすすめです。

  GALLERIA XVの詳細を見てみる  

【高画質144fps】ガレリアZZ

GALLERIA ZZ

CPUCore i9-9900KF
グラフィックボード RTX2080Ti 11GB
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB
HDD:3TB
電源750W 80PLUS PLATINUM
価格279,980円
最新価格をチェック

Apex Legendsを高画質・平均144fpsでプレイできる「ガレリアZZ」。

グラフィックボードの中でも最上位にあたる「RTX2080Ti」を搭載しており、この先数年、どんなに重いゲームが発売されたとしても、超快適にゲームがプレイできるであろうスペック。

4KモニターでもApex Legendsをプレイできる性能となっていますので、とにかく高画質・高フレームレートにこだわりたい方におすすめです。

  GALLERIA ZZの詳細を見てみる  

合わせて読みたい

【2019年最新】安いおすすめのゲーミングPC(デスクトップ型)をスペック別に紹介 【2019年最新】安いおすすめのゲーミングPC(デスクトップ型)をスペック別に紹介 PUBGおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説 PUBGおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説 フォートナイトおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説 フォートナイトおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説 【R6S】レインボーシックスシージおすすめのゲーミングPC徹底解説! 【R6S】レインボーシックスシージおすすめのゲーミングPC徹底解説!