PUBGおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説

PUBGおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説

PUBGを快適にプレイするために必要なおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

  • 60fps:PS4並の快適度。エンジョイ向け。
  • 144fps:ゲームに有利なぬるぬるとした映像。ガチ勢向け。

それぞれのフレームレートを出力できるPCスペックを導いたうえで、おすすめのゲーミングPCを紹介をしていきますので、自分に合うゲーミングPCがきっと見つかるはずです。

参考 初心者向けFPS用ゲーミングPCの選び方

しらぬ

ハイスペックなゲーミングPCを手に入れて、ライバルたちに差をつけよう!

PUBGに必要なPCスペック

PUBG動作環境【公式】

steamに記載してあるPC動作環境は以下の通り。

最低推奨
CPUIntel Core i5-4430 Intel Core i5-6600K
AMD FX-6300AMD Ryzen 5 1600
GPUGeForce GTX 960 2GBGeForce GTX 1060 3GB
AMD Radeon R7 370 2GBAMD Radeon RX 580 4GB
メモリ8GB16GB
OS64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

推奨グラフィックボード(GPU)に「GT1060 3GB」なので、要求されるPCスペックはとても高いです。

昨今のPCゲームの中でも、相当重いゲームだと言っても良いでしょう。

なお、上記のPCスペックはあくまでも推奨スペックであり、快適にプレイできるわけではありません。

これから、PUBGを快適にプレイするために必要なPCスペックを見ていきましょう。

グラボ別フレームレート比較

PUBGのベンチマークを海外サイト(PUBG Miramar map тест GPU/CPU)で確認した結果は以下の通り。

※フルHD(1920×1080),高画質時における平均fps

グラフィックボード平均フレームレート
GTX1080Ti143fps
GTX1080113fps
GTX1070Ti106fps
GTX107093fps
GTX1060 6GB68fps
GTX1060 3GB62fps
GTX1050Ti37fps

PUBGを高画質でプレイしたいときに必要なグラフィックボードは以下の通り。

  • 60fps出力:GTX1060 3GB以上
  • 144fps出力:GTX1080Ti以上

低画質であれば低スペックでも大丈夫

PUBGを高画質でプレイする場合は、高性能なグラフィックボードが必要となります。

しかし、低画質であればそれほど高いPCスペックは必要としません。

では、低画質ではどのくらいのグラフィックボードが必要になるのか?

結論としては以下の通り。

  • 低画質60fps:GTX1650以上
  • 低画質144fps:RTX2060以上

この結論に至った根拠は、以下のベンチマーク動画を見ていただければ分かります。

まずは、GTX1650のPUBGベンチマーク動画。

  • 低画質:110~100fps
  • 中画質:80~90fps
  • 高画質:60~70fps

GTX1650であれば、中画質でも60fpsを安定して出せそうです。

次に、RTX2060のベンチマーク動画。

高画質だと100fpsあたりですが、低画質であれば、144fpsを安定して出力できています。

メモリは推奨16GB

PUBGのメモリ使用量は他のゲームに比べるとかなり大きいです。

使用量はギリギリ8GB以内というところ。

ただ、PUBG以外のソフトによるメモリ使用量を鑑みると、8GBでは確実に足りません。

16GBを搭載しておきましょう。

メモリ不足によるエラー落ちもよく発生すると聞くので、メモリはケチらないようにしたいです。

SSDは240GB積んでおこう

SSDは240GBを積んでおきましょう。

PCの起動速度やPUBGのロード時間が圧倒的に短くなります。

60fps・144fps出力するために必要なPCスペックまとめ

しらぬ

PUBGに必要なPCスペックのまとめだよ!
PUBGに必要なPCスペック

<グラフィックボード>

  • 低画質60fps:GTX1650以上
  • 低画質144fps:RTX2060以上
  • 高画質144fps:GTX1080Ti以上

<メモリ>

  • 推奨16GB

<SSD>

  • 240GBは欲しい

PUBGおすすめゲーミングPC

【低画質60fps】ガレリアDH GTX1650搭載

GALLERIA DH

CPUCore i5-9400F
グラフィックボード GTX1650 4GB
メモリ8GB
ストレージHDD:1TB
電源500W 80PLUS BRONZE
価格89,980円
最新価格をチェック

PUBGを低画質・平均60fpsでプレイできる「ガレリアDH」。

低画質のみならず中画質でも60fpsを出力できてしまいます。

ゲーミングPCの中ではわりとリーズナブルなお値段となっていますので、初めてのゲーミングPCにはもってこいと言えるでしょう。

  GALLERIA DHの詳細を見てみる  

【低画質144fps】ガレリアXV

GALLERIA XV

CPUCore i7-8700
グラフィックボード RTX2060 6GB
メモリ8GB
ストレージSSD:500GB
HDD:2TB
(2019.5時点)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格149,980円
最新価格をチェック

PUBGを低画質・平均144fpsでプレイできる「ガレリアXV」。

144fpsを出力することで、プロゲーマー顔負けのPCスペックでPUBGをプレイすることが可能です。

FPSゲームは、PCスペックによって勝ち負けが決まることも多々ありますので、ライバルたちに負けないためにもハイスペックなゲーミングPCでプレイしましょう。

  GALLERIA XVの詳細を見てみる  

【高画質144fps】ガレリアZZ

GALLERIA ZZ

CPUCore i9-9900KF
グラフィックボード RTX2080Ti 11GB
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB
HDD:3TB
電源750W 80PLUS PLATINUM
価格279,980円
最新価格をチェック

Apex Legendsを高画質・平均144fpsでプレイできる「ガレリアZZ」。

高画質でも144fpsを出力できる性能を持つグラフィックボード「RTX2080Ti」を搭載しています。

これだけの性能があれば、4Kモニターで美しい映像を楽しにながらPUBGをプレイできるでしょう。

現状、最強のゲーミングPCと言っても過言ではありません。

  GALLERIA ZZの詳細を見てみる  

合わせて読みたい

【2019年最新】安いおすすめのゲーミングPC(デスクトップ型)をスペック別に紹介 【2019年最新】安いおすすめのゲーミングPC(デスクトップ型)をスペック別に紹介 フォートナイトおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説 フォートナイトおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説 Apex LegendsおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説【エーペックスレジェンズ】 Apex LegendsおすすめゲーミングPC|60fps・144fps出力に必要なPCスペックを徹底解説【エーペックスレジェンズ】 【R6S】レインボーシックスシージおすすめのゲーミングPC徹底解説! 【R6S】レインボーシックスシージおすすめのゲーミングPC徹底解説!