初心者でも分かるゲーミングキーボードの選び方。軸の種類や違いを分かりやすく解説

初心者でも分かるゲーミングキーボードの選び方。軸の種類や違いを分かりやすく解説

本記事は、初心者でも分かりやすいゲーミングキーボードの選び方を紹介しているものです

キーボードは何十万回、何百万回とクリックするものであるため、長く使っても壊れにくい耐久性タイピングの心地よさなどストレスなく使用できる使い心地が求められます

ですが、快適なゲーム環境を構築するうえで、ゲーミングキーボードは他のデバイスより優先順位は低いと言われています

それはマウスやヘッドホンみたく極端に有利不利な差が出るデバイスではないからですね

でも、真剣にゲームをプレイするからには良いものを揃えたいという気持ちも分かります

そこで本記事では、普通のキーボードとゲーミングゲーミングキーボードの違い軸の種類ゲーミングモニターの選び方について詳しく解説していきます

まず先に”ゲーミングキーボードの選び方“の結論として、

以下にまとめておきました

  • キーボードの構造
  • 軸の種類
  • キー配列(日本語or英語)
  • 接続方式(有線or無線)
  • テンキーの有無

これらの結論を踏まえたうえで、ゲーミングキーボードの選び方や構造についてもう少し詳しく解説していきます

普通のキーボードとゲーミングキーボードの違い

ゲーミングキーボードとは、その名の通りゲームをプレイするために作られた専用のキーボードのことです

初心者Aくん

ゲーミングキーボードって具体的にどんなもの?

メーカーや製品によって搭載されている機能は様々であり、一概にコレがゲーミングキーボードです!とは言えません

メーカーが「これはゲーミングキーボードだ!」と言ったら

それはゲーミングキーボードになるので、定義というものはないのです

あやふやな言葉の意味ながらも

一般的にゲーミングキーボードと呼ばれるものについては、以下のような特徴があります

  • メカニカル式のキーボードが多い
  • 複数キーを同時押しできる
  • 耐久性がある
  • バックライト機能付き

上記4項目について詳しく見ていきましょう

メカニカル式のキーボードが多い

キーボードの構造は、大きく分けると4種類あります

  • メンブレン
  • パンタグラフ
  • メカニカル
  • 静電容量無接点

いずれの構造においてもゲーミングキーボードは存在していますが、

一番多いのはメカニカルキーボードです

メカニカルキーボードにはキー内部に特殊なスイッチが組み込まれており、

  • キーを最後まで押し込まなくても反応する
  • 反発力が高い

確実な入力性および反発力の高さによって高速なタイピングが可能であることから、ゲーム向きのキーボード構造となっています

複数キーの同時押しできる

PCゲームをプレイするうえでの絶対必要条件として、複数キーを同時押しできるかという点が重要です

ゲーミングキーボードは複数キーの同時押しが行われた際に、押された順番通りに正しく認識してくれます

複数キー同時押し機能を搭載しているキーボードの場合、スペックには「Nキーロールオーバー」として表記されます

ちなみに、Nの箇所に数字が表記されることも

  • 2キーまで対応なら「2キーロールオーバー
  • 5キーまで対応なら「5キーロールオーバー

という感じです

実際にキーボードを操る左指5本分「5キーロールオーバー」以上であればゲームに支障はないでしょう

耐久性がある

ゲーミングキーボードは普通のキーボードに比べて耐久性が高いです

キーストロークで5倍以上の差があります

  • 普通のキーボード寿命 ⇒ 500万回、1,000万回
  • ゲーミングキーボード寿命 ⇒ 5,000万回、8,000万回

もちろんキーボードによって耐久値は異なりますが

一般的にはゲーミングキーボードの方が壊れにくい構造となっているのです

バックライト機能付き

ゲーミングキーボードにはLEDで発光するバックライトが内蔵されており、キー1つ1つが明るく発色するため、暗い場所であっても難なくタイピングすることが可能です

見た目的にカッコ良いので、ついつい暗い場所で見とれてしまいます

しらぬー

光りものは男のロマンだよね!

ゲーミングキーボードの選び方

 

キーボードの構造

前述でキーボードには4種類あるとお話しました

  • メンブレン
  • パンタグラフ
  • メカニカル
  • 静電容量無接点

メカニカル式がゲーミングキーボードとしてはバリエーション豊富でゲーム向きとされていますが、打ち心地の良さやタイピングのやりやすさは、結局は個人の好みの問題です

しらぬー

でも、個人的にはメカニカル式がおすすめだよ!

それぞれメリット・デメリットがありますので、簡単に特徴を見ていきましょう

メンブレン

  • コストが安い
  • 一般的なキーボードによく使われている

パンタグラフ

  • ノートパソコンのキーボードに使われている
  • 品揃えが少ない
  • 誤入力しやすい

メカニカル

  • キーの押し心地や爽快感はNo.1
  • メンブレンより高価

静電容量無接点

  • キーの重さを変更できる
  • タイピングしやすい
  • コストが最も高い
  • 品揃えが少ない

軸の種類

メカニカル式キーボードは、キー内部にある軸の種類によって押し心地や音の大きさが変わってきます

しらぬー

軸の種類は操作性に大きく関わってくるのでキーボード選びの肝となるよ!

軸の種類には以下のようなものがあります

  • 赤軸
  • 青軸
  • 茶軸
  • 黒軸
  • ピンク軸
  • 黄軸(Razer製特有)
  • オレンジ軸(Razer製特有)
  • 緑軸(Razer製特有) など

他にもロジクールのROMER-Gなどメーカー特有の軸もあります

では、それぞれの軸について、以下の観点をもとに比較してみましょう

  • キーの重さ
  • クリック感
  • 打鍵音の大きさ

 キーの重さクリック感打鍵音
赤軸45gあまりない静か
茶軸45g普通普通
ピンク軸45gあまりない静か
オレンジ軸45gかなりある静か
黄軸45gあまりない静か
青軸50gかなりある大きい
緑軸50gかなりある大きい
黒軸60gあまりない静か

軽いキーで疲れにくさを求めるのか

それとも

重いキーでしっかりとした押し心地を求めるのか

 

静かな打鍵音が良いのか

それとも

爽快感のある打鍵音が良いのか

 

何を求めるのかは人それぞれでそこに正解はありません

自分の好きな軸を選ぶと良いでしょう

あえて初心者におすすめするのであれば、茶軸もしくはそれに似たRazer製の黄軸、オレンジ軸あたりでしょうか

個人的には赤軸が好みです

キー配列(日本語or英語)

キーボードの配列は2種類あります

  • 日本語配列(JIS配列)
  • 英語配列(US配列)

どちらが良いのかというのはありませんが、日本語配列と英語配列とではキー配置が全く異なりますので、慣れ親しんだキーボード配列の方が扱いやすいかと思います

しらぬー

英語配列は見た目シンプルでカッコ良いけど、変換キーがないことや「RETURN」キーが横長なので個人的には扱いにくいです…

それぞれのメリット・デメリットについて、簡単に書き出してみました

日本語配列(JIS配列)

  • 「RETURN」キーが大きく使いやすい
  • 「DELETE」キーが小さい
  • 「スペースキー」が小さい

英語配列(US配列)

  • シンプルでカッコ良い
  • 記号の配置が分かりやすい
  • 「DELETE」キーが大きい
  • 「スペース」キーが大きい
  • 「RETURN」キーが横に長く小さい
  • 「全角/半角」「変換」キーがない
  • かな入力できない

接続方式(有線or無線)

ゲーミングキーボードの接続方式として、有線接続無線接続があります

これまで、コンマ1秒を争うFPSゲームにおいては有線接続1択ではありましたが、今では無線接続でも遅延の少ない安定した通信を行えるゲーミングデバイスがたくさん登場してきています

とは言え、常に安定した通信環境を求めるならやっぱり有線の方が安心できるかな…というのが個人的な考えです

テンキーの有無

キーボードには、キーボード右側に付いているテンキーが有るものと無いものがあります

テンキーの有無でゲームをプレイするうえでの影響はあまりありませんので、完全に好みの問題です

個人的には、机上のスペースを広く確保できるのでテンキーレスがおすすめです

おすすめのゲーミングキーボード

FPSゲーム最適なゲーミングキーボードを以下の記事紹介しています

プロも愛用するFPSゲームに最適おすすめのゲーミングキーボード【2018年最新】 プロも愛用するFPSゲームに最適おすすめのゲーミングキーボード【2019年最新】

まとめ

しらぬー

ゲーミングキーボード選びのまとめだよ!

  • キーボードの構造
  • 軸の種類
  • キー配列(日本語or英語)
  • 接続方式(有線or無線)
  • テンキーの有無

以上、ゲーミングキーボードの選び方についての解説でした

使い心地の良いカッコ良いゲーミングキーボードを手に入れて、ゲームへのモチベーションを上げていきましょう!