意外と知らないPS4の画質を上げる裏技-RGBレンジの設定方法

意外と知らないPS4の画質を上げる裏技-RGBレンジの設定方法

本記事は、PS4ユーザーに意外と知られていないPS4の画質を上げる設定方法を紹介しているものです

PS4の設定を特に意識することなく使用してきた人は必見!

設定を少し変えるだけで画質がアップするので、ゲームへのモチベーション上がるハズです

何を変えれば画質が向上するの…?

それは、RGBレンジを呼ばれるものを「フルレンジ」に変更するだけ

これから、RGBレンジにおける以下の項目について紹介していきます

  • RGBレンジとは…?
  • RGBレンジの変更方法

RGBレンジを変更することでPS4の画質が上がる

RGBレンジとは

RGBとは、R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の3原色を組み合わせた色の表現方法を指します

しらぬ

テレビやデジタルカメラなんかでよく使われている色の表現方法だよ

例えば、

黒色を表現するなら

  • R=0、G=0、B=0

白色を表現するなら

  • R=255、G=255、B=255

というような感じで0~255の数字で色が表現されます

また、PS4やモニタの設定では2種類のRGBレンジを設定することが可能です

  • 「0~255」までの256階調で表現される「フルレンジ」
  • 「16~235」までの限定された220階調で表現される「リミテッドレンジ」

当然、「リミテッドレンジ」よりも「フルレンジ」の方が使用される色調が多いため高画質となります

初心者Aくん

じゃあ、PS4とモニタどちらもフルレンジにすれば良いだね?

しらぬ

そういうことだけど、一概にはそうとは言い切れないんだ…

モニタ側が「フルレンジ」に対応しているか

PS4のRGB設定では「リミテッドレンジ」「フルレンジ」の中から好きな方を選択できます

しかし、モニタ側はそもそも「フルレンジ」に対応していない場合があるのです

とは言っても、相当古いテレビなどでなければ大体は「フルレンジ」に対応しているので安心してください

もし、「フルレンジ」に対応していない古いテレビの場合、PS4側だけ「フルレンジ」にしてしまうと

白とびや黒つぶれが発生してしまい、画質が今までより悪化する恐れがあるので注意が必要です

PS4のRGBレンジはデフォルトで「自動」

何も設定を触っていなければPS4のRGBレンジは「自動」となっています

モニタ側の設定が「フルレンジ」となっていればPS4もそれに対応して「フルレンジ」となるはず

しかし、モニタ側の設定が「フルレンジ」であってもPS4側では自動で「リミテッドレンジ」を選択してしまい、適切なレンジが自動で選択されていないことがあります

そのため、PS4のRGBレンジ設定を「自動」⇒「フルレンジ」に変更が必要となるのです

RGBレンジ設定の変更方法

PS4とモニタのRGB設定の変更方法を紹介していきます

モニタはそれぞれメーカによって設定方法が違うので参考程度に

※ここでのモニタはBenQ GL2460HMを使った手順です

PS4のRGBレンジ設定変更方法

STEP.1
「設定」を選択する

①設定

STEP.2
「サウンドとスクリーン」を選択する

②サウンドとスクリーン

STEP.3
「映像出力設定」を選択する

③映像出力設定

STEP.4
「RGBレンジ」を選択する

④RGBレンジ

STEP.5
「自動(推奨)」⇒「フル」に変更する

⑤自動からフル

モニタのRGBレンジ設定変更方法

①「メニュー」を選択する

②「画像の詳細設定」を選択する

③「HDMI RGB PC 範囲」を選択する

④「RGB(0~255)」を選択する

まとめ

僕はFPSのゲームをよく好んでプレイするのですが

このRGBレンジ変更により視認性が向上した結果、キルレが気持ち(0.05)上がりました(笑)

決してゲームが上手くなるわけではありませんが

他の人より1歩リードとれるという意味で、適切な環境を構築するのも大事だなとしみじみ感じた次第です

最近のオープンワールドゲームのように素晴らしい画質を誇るジャンルであれば、画質向上の恩恵がもっと受けられるかと思います

みなさん是非試してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です