PS4故障時でも安心!セーブデータを自動バックアップする方法

PS4に保存しているセーブデータが消えてしまった!

って声を何度か聞いたことがあります。

昔のファミコン、スーファミに比べると、セーブデータ消失の頻度は少なくはなっていますが、ありえないことではないのが事実です。

時間をかけてコツコツと進めてきたのに、ある日突然セーブデータがなくなっていたとなったら、ガックリきますよね。

また始めからプレイしする気力なんて正直残ってないと思います。

そのようないつ起こるか分からないセーブデータ消失に備えて、バックアップをとるのも1つの手です。

セーブデータのバックアップをとる手段として、

・セーブデータをUSBメモリにコピーする。

・セーブデータをオンラインストレージにコピーする。

上記のようなやり方がありますが、正直面倒くさいですよね(笑)

ゲーム終了時に毎回コピー作業をしなければならないので、大変だと思います。

そこで便利になるのが、PS Plus会員のみが利用できるオンラインストレージの自動バックアップ機能です。

PS4公式に記載している自動バックアップの説明によると、

セーブデータが更新された場合は、スタンバイモードや電源オフに移行するときなどログアウト時に自動でPlayStation™Networkのサーバーに保存されます。

出典元:PS4ユーザーズガイド

スタンバイモード、電源オフ時に自動でオンラインストレージに保存されるようです。

自動バックアップをしてくれるなら、PS4に何かあっても安心ですね。

ただ、1つ注意点として、オンラインストレージを利用できるのはPS Plus会員のみですので、ご注意ください。

PS Plus入会についてはPS4でオンラインを楽しむために必要なPS Plusへの加入・支払い方法を確認ください。

では、自動バックアップ機能の設定方法を紹介していきます。

オンラインストレージの自動バックアップ機能を設定する手順

自動バックアップを機能させるには、事前にいくつかの確認項目があります。

その確認項目も含めて以下のような順番で説明していきます。

① いつも使うPS4として設定する

② スタンバイモード中、インターネットに接続したままの設定にする

③ 自動バックアップ機能を設定する

① いつも使うPS4として設定する

①PS4ホーム画面から「設定」を選択する。

②「アカウント管理」を選択する。

③「いつも使うPS4として登録する」を選択する。

④「登録する」を選択して完了です。

② スタンバイモード中、インターネットに接続したままの設定にする

①PS4ホーム画面から「設定」を選択する。

②「省電力設定」を選択する。

③「スタンバイモード中の機能を設定する」を選択する。

④「インターネットに接続したままにする」にチェックを入れて完了です。

③ 自動バックアップ機能を設定する

①PS4ホーム画面から「設定」を選択する。

②「アプリケーションセーブデータ管理」を選択する。

③「自動アップロード」を選択する。

④「自動アップロードを有効にする」にチェックを入れ、また、バックアップをしたいゲームにもチェックを入れれば完了です。

オンラインストレージの容量について

オンラインストレージの容量は以下の通りです。

・保存可能なセーブデータ数:1,000

・使用可能容量:10GB

昔は1GBまでしか利用できなかったので、とても便利になりましたね。

PS Plusを退会した場合におけるオンラインストレージ内セーブデータの取り扱いについて

もしPS Plusを退会した場合、オンラインストレージも同時に使用できなくなりますが、ありがたいことにPS Plus退会後6ヶ月間はセーブデータを保管していてくれるのです。その期間中にPS Plusに再入会することで、セーブデータを復活させることが可能となります。

あとがき

オンラインストレージって普段使わないけど、いざってときにすごく便利なものです。

使い方をしっかりと理解してうまく利用しいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です