【R6S】初心者がやってはいけない4つのこと【レインボーシックスシージ】

【R6S】レインボーシックスシージ初心者がやってはいけない4つのこと

レインボーシックスシージ始めてみたけど、他人に迷惑かけるのが嫌だ…暴言を吐かれたくない…といったことから、中々カジュアルに踏み込めずテロハントばかりしてる方も多いのではないでしょうか。

 

かくいう僕も初心者のころは、

「テロハントのマルチプレイでも暴言吐かれるのにカジュアルに行ったらもっとたくさんの非難・暴言を浴びせられるんだろうか…もっとテロハントで上達してからカジュアルに行こ(´・ω・`)」

というガクガクブルブルな理由から、クリアランスレベルが70ぐらいになるまでひたすらテロハントを回していました

 

しかし、今となって考えてみると、早い段階からカジュアルに行っておけば良かった…と思っています。

いくらテロハントで練習しようとも、実際のカジュアルやランクマッチで活かせる技術は全く無いに等しいので、初心者はガンガン行こうぜ!の精神で積極的にカジュアルに参加していきましょう!と、僕は伝えたいです。

 

みんな誰でも最初は初心者です。初心者だからと言って遠慮する必要性はどこにもありませんよ。俺が買ったゲームなんだから好きに遊ばせろ!くらいの気持ちでやってみてはどうでしょうか。

とはいえ、カジュアルをするにあたり自分の思うがままに好き勝手やっていたら、FF(フレンドリーファイア)や暴言を吐かれたり、除外投票を入れられたりする原因にも成り得ます。

 

そこで今回は、レインボーシックスシージ初心者がカジュアルでFFや暴言を吐かれないために最低限抑えるべきポイントを4つ紹介していきます。

紹介するポイントは言い換えれば、”他人に迷惑をかけないプレイ“ということになりますので、初心者の方は是非ご覧ください。

爆弾間の壁を完全に補強してはいけない

レインボーシックスシージ爆弾間補強

上の写真はオレゴン地下のゲームモード爆弾における防衛側視点のものです。

爆弾Aと爆弾Bの間にある壁が2枚とも補強されているのが分かります。

これをやったら仲間からFFや暴言を浴びせられる可能性がグッと高まります。

なぜ、爆弾間を補強したらいけないのか?

それは、防衛側は爆弾ABどちらの部屋も守る必要があるため、以下の理由により爆弾間は補強しないで開通させておいた方が守りやすいからです。

・爆弾ABの部屋にアクセスが容易となる

・A→BまたはB→Aに向けて射線を通すことができる

レインボーシックスシージ爆弾間開通

上の写真のように爆弾AB間は開通させておいた方が守りやすいです。

 

爆弾AB間は絶対開通させておかなければならないかと問われたら、一概にはそうとは言い切れませんが、爆弾間ABを完全に塞いでしまうのだけは絶対に止めておいた方が身のためです。

じゃあ、どこを補強すればいいの?

それは、プレイ回数をこなしていけば必要な補強場所が自然と理解できていきますので、最初のうちはとりあえず爆弾AB間以外の拠点周辺の壁を補強しておけば間違いないです。

ミラ窓の隣壁を補強してはダメ

レインボーシックスシージミラ窓横補強

上の写真はミラのガジェットである『ブラックミラー』を強化壁に貼っているものです。

※『ブラックミラー』はよく『ミラ窓』と言われます。

この状況では敵の視認はできるものの、敵が来たときに撃ち返すことが困難であるため、ミラ窓をあまり有効活用できていません。

本来なら下の写真のようにミラ窓の横壁を補強せずに使いたかったはずです。

レインボーシックスシージミラ窓使い方

こうすることで、敵が来たときに補強していない横の壁から射撃ができるため便利です。

ミラ窓は大概、このように横壁を補強しない形をとることが多いです。

ですので、ミラ窓が貼ってある場所の横壁は絶対に補強しないようにしましょう。

補強してしまうと、最悪ミラの中の人がブチギレますのでご注意を

ただ例外もあり、ミラ窓の横壁を補強して下の写真のような使い方をすることもできます。

レインボーシックシージミラ窓2枚貼り

これはミラの人が勝手にやってくれると思いますので、初心者はミラ窓の横壁を補強しないことを心がけてください。

ブラックアイで敵をスポットするのは基本的にNG

ヴァルキリーのガジェットである『ブラックアイ』について、デフォルトの監視カメラとは違い自分の好きな位置にカメラをセットできる有能なガジェットの1つです。

よくあるシチュエーションとして、カジュアルで残り1on1になった場合に自分は既に倒れており、仲間のヴァルキリーだけが生き残っていると仮定しましょう。

倒れているプレーヤーはカメラだけは動かせるようになっています。その際に、ブラックアイを操作して敵をスポットするのは止めておきましょう

なんで?敵の位置教えてあげてるのに!

と思われるかもしれませんが、スポットしたことにより1人残っているヴァルキリーからしてみればいい迷惑になっているかもしれません。

・敵の場所を把握してたのにスポットのおかげで逃げられてしまった

・スポットによりブラックアイが壊されてしまった

スポットだけでなく、まずブラックアイ自体を使用しない方が無難です。

カメラは誰でも見れますが操作権は1人にしか与えられません。いざ1人残っているヴァルキリーがブラックアイを見ようとしたときに、別のプレーヤーがブラックアイの操作権を握っていたがために、カメラを別の方向に動かせないといった事態が起こります。

 

しかし、みんながみんなスポットをしてほしくないと思っているというのは間違った認識です。中には、遠慮せずスポットしてくれ!という方もいます。

他人の気持ちを正確に察することは難しいですが、スポットしてほしくない!という方がいる以上、ブラックアイを使用してスポットをする行為は止めておいた方が無難です。

VC(ボイスチャット)で生活音を垂れ流しにしないで

マイク付きのイヤホンまたはヘッドホンを使用しているプレーヤーで、たまに音楽をガンガンかけながらプレイしている人を見かけます

これホントに迷惑です。

レインボーシックシージは足音やしゃがみ音、伏せ音といった音で敵の位置を判断する状況が多々あります。

その際に、無駄な音が入ってくるとプレイの内容・結果に大きくかかわってきます。

ですので、VCを使用するときは音楽だったり生活音だったり無駄な音を発せずにしましょう。

もし、VCがうるさいなーと感じる人がいれば、ミュートにして音を遮断することをおすすめします。

最後に

上記で挙げた最低限抑えるべきポイントを実践していれば、FFや暴言を吐かれることは少なくなるでしょう。

しかし、それでも世の中には色々な人がいるもので。

・何もしていないのにFFをしてくる頭のおかしいヤツ

・自分にとって気に食わないことがあればVCでひたすら暴言を吐き続けるヤツ

こういう精神年齢の低い質の悪いプレイヤーがいるおかげで、”レインボーシックスシージは民度が低い“と言われるはめになっているのが現状です。

こういうプレーヤーに遭遇したら無視通報が一番です。相手にするだけ時間の無駄ですので、さっさと次のゲームに気持ちを切り替えることが大切。

でも、安心してください害悪プレーヤーはほんの一握りだけですので。初心者は遠慮せずガンガンカジュアルを回してレインボーシックスシージに慣れていくことが大事です。

カジュアルを回すにあたり、初心者におすすめのオペレーターを【R6S攻略】レインボーシックスシージ初心者おすすめのオペレーター|役割・使い方を解説の記事で紹介していますので、是非ご覧ください。

最後に上達のコツとして。

レインボーシックスシージは他のFPSゲームと比べて、エイム力よりも立ち回りやマップの構造知識といった戦術面の方が重要となってきますので、知識を蓄えるという点から、上手い人の動画を見るというのが一番の上達への近道につながると個人的には思います。

また、このゲームは足音を聞くことがとても大事です。

足音ひとつで、敵がどこにいるのか大体分かるようになってきます。足音を聞くためにはゲーミングヘッドセットがおすすめです。

以下の記事で、おすすめのゲーミングヘッドセットを紹介しますので、是非1度ご覧ください!

FPS向けPC・PS4用おすすめのゲーミングヘッドセット【2019年最新】 FPS向けPC/PS4用おすすめのゲーミングヘッドセット【2019年最新】

合わせて読みたい

【R6S】レインボーシックスシージ攻略まとめ 【R6S】レインボーシックスシージ攻略まとめ 【2018年最新】FPSに最適おすすめのPS4用ゲーミングモニター 【2019年最新】FPSに最適おすすめのPS4用ゲーミングモニター4選 【R6S】レインボーシックスシージおすすめのゲーミングPC徹底解説! 【R6S】レインボーシックスシージおすすめのゲーミングPC徹底解説!